スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.C.Escherとトリック&ユーモア展


トリック&ユーモア展
on29.gif

を見て来ました。目的はエッシャー。
マグリット、ダリ、エルンストもあり満足。
立体のトリックアートもあり、絵画オタクでなくとも十分たのしめたのではないかと。

自分家から横須賀って、めたんこ遠いです。もうプチ旅行でした。
久々のロングドライブにも満足してます。


trick_top.jpg
ルネ・マグリット 「公園」
マグのタッチはしなやかで、無駄の無いさらっとした感じです。
細かいところですが、作品内の紳士スーツ、仕立ての良さが伝わってきました。
さすがマグ父が紳士服関係。。。なんて考えちゃいました。
横須賀美術館




再びとりあげる方です。AT氏やハマー氏に次いで、MCで始まる有名な方です。

今回の主役はエッシャーです。
images-2.jpeg

Maurits Cornelis Escher
【まうりっつ こるねりす えっしゃー】
1898 - 1972 オランダ
wiki

The M.C. Escher Official Website.
gallery - M.C. Escher
http://www.mcescher.com/Gallery/gallery.htm

ここをみりゃ網羅。

実際に展示されていた作品の紹介と感想(素人の率直な目線)。


img_337755_6729501_0.jpeg
Day and Night 1938
物事の二面性を表現した珠玉の作品かと。これをみると、

20080616-20crone.jpg
スウェーデンのお札にも描かれている日本でもアニメになった「ニルスの不思議な旅」を連想します。
images_20111103020522.jpeg


LW331.jpg
Encounter 1944
エッシャーらしい二次元から三次元への変化。
その二次元も二つが一つのパズル。対になっています。

このおっさんのポーズはキャッチーで、タマランチです。
タツノコプロ系のビックリドッキリメカが徒党を組んで発進している風でもあり。
images-1_20111103024006.jpeg
インディアンジュエリーで有名なホピ族の「ココペリ」を連想しました。


LW426.jpg
Belvedere 1958
ド定番もきてましたよ。横長の建物が縦長に???ってやつですね。

LW409-1.jpg
Bond of Union 1956
これはリンゴとハチミツとJOJOが恋をした感じですね。

LW431.jpg
Flatworms 1959
プラナリア?
これって これだよね。。。

o0300022110250765393.jpg

または こやつ。
gaylamain.gif


上記の作品は今回、生で拝めた抜粋。なかなか贅沢ですね。



エッシャー渋めのおすすめ作品は
続きを読む→



だまし絵だけが
エッシャーで無い。

あらためて作品をチェックすると
いままで紹介したアーティストのエッセンスが
ちらほら入っていることに気付きました。


LW109.jpg
The Sixth Day of Creation 1926

LW114.jpg
The Fall of Man 1927

LW239.jpg
Fireworks 1933

LW118.jpg
Tower of Babel 1928

LW117.jpg
Castle in the Air 1928

LW230.jpg
Pineta of Calvi, Corsica 1933

LW344.jpg
Eye 1946


やはり好みの極み。

このブログはマイブーム備忘録ですが、このスタイルにしてからの記事一発目もエッシャーでした。
前回2009年11月エッシャー記事→エッシャー

エシ男、二年周期でキテます。
スポンサーサイト

コメント

No title

エッシャーと言えばベルベデーレとメタモルフォーゼ。
あと、真ん中に白抜きの著名があるヤツと手と
キャタピラーみたいなのが印象に残ってる。

確かエッシャーって、数学者ですよね?
だからか計算された作品が多いような気がする。
インスピレーションで描くマグリットとは違う…

ウチにもエッシャー(中期くらい)のカタログがあるけど
また色でも塗ってみようか・・・
いや怒られそうで・・・誰に?(笑)

横須賀でエッシャーかぁ~ いいなぁ~


>madhatterさん
確かに理系な絵ですね~。文系からすれば、無いものねだりの羨ましさで憧れちゃう。
着色っておもろいかと。ウォーホル感覚ですね。ある種DJと同じです。
非公開コメント
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

鈴木焦点

Author:鈴木焦点
身近な『面白』を探究。
兼マイブーム備忘録。

翻訳蒟蒻
English English得袋.com
ぼそり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。