スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル・バス

Saul Bass
saul_bass_trabajos.jpg

Saul Bass
【そうる・ばす】1920-1996 U.S.A.
グラフィックデザイナー。企業ロゴや映画タイトル作成、映画作家でもある。

マリオでもポンセでもナイジェル・マンセルでもありませんwソウル・バスです。

ここ最近、文字が活字であるというか、影響が強い。と感じています。

例えば昔のTV番組に比べ、最近のTVはテロップ多いですよね。
んでCMでもバシバシ画像として、アニメーションとして文字が活字となっている。
PCでもニコニコ動画の文字パワー、ハンパ無いですよね。

手紙や文書が電話に変わり、ケータイへの進化。
ネットインフラの拡充、PC、スマートフォン進化。
メール、ブログ、ツイートの浸透。
再度文字がコミニュケーションツールの中心になってます。
文字には価値とパワーが出始めています。

1950年代、ソウル・バスは文字を動画化しました(確実に元祖、オリジナルかどうかは別として)。
「キネティック・タイポグラフィ」簡単に言えば、すごく安直ですが、「動く文字」です。
これは現代の文字再燃化において知っておいて損はないので、クローズアップしました。

映画作家でもあったバスは「キネティック・タイポグラフィ」を映画イントロのクレジットで使用しました。

ちょっと脱線しますが動く文字と言えばマイクロソフトのオフィス、パワーポイント。
自身はあまり使いませんが、パワポの文字の出現、消失の動き方にはバスの影響があると感じています。

バスは映画のタイトルデザインにも絶大なセンスの良さを発揮しました。ポスターアートです。
さらには企業ロゴでも高い評価。文字、言葉を濃縮しカタチにするのがが巧みだったんでしょうか。
映画のイメージをタイトルデザインに落とし込む、共感できるカタチにするってすごいですね。
フォントもソウル・バス作成のパックマンフォントみたいな「レインボーバス」ってのがあるみたいです。
バスのタイトルデザインは今みてもオサレであり、これからも色褪せないでしょう。

ヒッチコックの「サイコ」シャワーシーンを作成したってことでも有名。
眼球をみてると渦巻いてきてズームイン、文字に切り替え…、ってのはバスがよくやるパターンですかね。

WIKIでみるソウル・バス

Saul Bass on the web
ここで代表作を拝めます。

YOUTUBEで。楽しめます必見です☆
It's a Mad Mad Mad Mad World - title sequence by Saul Bass
Saul Bass title sequence - The Man with the Golden Arm (1955)
Saul Bass title sequence - Anatomy of a murder (1959)
Saul Bass title sequence - Ocean's Eleven (1960)
Psycho 1960 Intro

情報が多いので画像は【続きを読む】へ






企業ロゴ デザインの一部

Saul-Bass-logos.jpg

ajinomoto_s.gif旧タイプ味の素img_799980_44611740_2.jpeg紀文images_20110910014503.jpeg旧ミノルタ

日本企業も、ソールバスデザインがありますね。sym02.gif
京王百貨店の包装紙もバスデザイン。


古い映画やらのポスターアートが秀逸。
Firemansball.jpg 3326.jpg
3324.jpg 3310.jpg
3312.jpg 3315.jpg
3320.jpg

なんだか自分が好きなデザインって、わかってきたw
すこしノスタルジックな。トリスおじさん的な。

以前取り上げた、ルーバ・ルコーバ氏のも繋がりあるカモ。。。



企業ロゴと言えばポール・ランド氏も欠かせない。1914-1996 U.S.A
有名なのはeye bee M です。

abc-logo-new.jpg

ups-logo-black.jpg

eye-bee-m-logo.jpg

paul-rand.com
ibm_th.jpg
IBM

スティーブ・ジョブズもポールランドをべた褒め。
アップルを追い出された直後、NEXT社設立時に10万ドルかけてロゴデザインを依頼(1986)。
logo_next_th.jpg


youtubeでみる映像(英語)
1993 interview re: Paul Rand and Steve Jobs

派生 ジョブズとゲイツ
1983 Apple Event Bill Gates and Steve Jobs



ロゴも象形文字みたいなもんで。
シンプルだけどパワーあるなぁってお話。

スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

企業ロゴは見たことあるものばかり!
この人だったんですかっ!!
マリオ様~っ!(爆)
プロ野球の助っ人のポンセにも似てますね…

後でyoutubeに行って観て来ますわ~♬♫

No title

さっそく観てきました。“youtube”

Saul Bass title sequence - Ocean's Eleven (1960)

これは久しぶりに感動しました。

文字に命を吹き込まれたっていうか…

紹介してくださってどうもありがとう

e-460e-460e-460e-460e-460e-460e-460e-460e-460e-460

madhatterさん
それぞれ作品は古くても味わい深く新鮮ですよね。

タイトルやイントロで掴みオッケー、喰って一口で「まいうー」て感じです☆
非公開コメント
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

鈴木焦点

Author:鈴木焦点
身近な『面白』を探究。
兼マイブーム備忘録。

翻訳蒟蒻
English English得袋.com
ぼそり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。