スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネ

エドゥアール・マネ
笛吹く少年
エドゥアール・マネ
Édouard Manet  1832- 1883 フランス

マネ。
近代絵画の父。
マネとモネ(クロード・モネ)を混同しやすいが、
マ行と同じと記憶すれば覚えやすい。 
マネが先輩(人物画多い)。モネが後輩(ほとんど風景画)。



マネ曰く、
...真実を見つけ出すたった一つの方法は
他人の意見に惑わされずに
己の意志を貫くことだ...



人マネではダメだってことだね。
そして自分に自信を持つということ。


今こうやってブログやっているのも、自分探しの旅ですから、
自分の興味があることをやって、自分で感じたことを大切にすればいいんだ!
とあらためて感じています。

この「笛吹く少年」は日本画、浮世絵版画の影響を受けています。
そしてどことなく町の写真館で撮った写真風ですね。


マネ作品数あれど、なぜかこれが浮かぶんですね。
中学生のころ、ファッション誌「チェックメイト」に通販ページがあったんです。
その中にこの絵がブリントされているTシャツがあり本気で買おうとしました。
お金なくて買えませんでしたが。。。


WIKI↓
エドゥアール・マネ


画像詳しく見るなら↓
salvastyle.com

その他は、、、
manet_morisot01.jpg
すみれのブーケをつけたベルト・モリゾの肖像
Berthe Morisot au bouquet de violettes 1872年

なぜかこの絵画をみると、『リハウスして来た白鳥麗子』な宮沢りえを思い出す。。。



SPAIN
スペインの歌手(ギタレロ)

これはもはや 長渕状態。



manet_bar01.jpg
フォリー=ベルジェール劇場のバー
(Le bar aux Folies-Bergère) 1881-1882年

マネ最後の作品。鏡の奥に広がる描写が趣深い。そして奇妙なズレ。謎です。



マネが有名になる前、落選が続いていた中、ドラクロワ(ロマン派)はマネを認めていたとか。


マネを崇拝した画家達 のちの印象派
彼らの兄貴分だったってことですね。しかしマネは印象派ではありません。。。
ルノワール シスレー ラトゥール モネ
スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

こんばんわ。

そう、写真風。

奥行が特に写真っぽい。

イメージは静と暗。

私も同じ、マネと聞くと
この「笛を吹く少年」が思いつく。
うーん、印象深い・・・

印象派じゃない…?
じゃ、ムンクと同じ?

Re: No title

> 印象派じゃない…?

マネは写実主義と認識してました。
写実主義(室内中心)と印象主義(戸外中心)の橋渡し、ボランチ的立場だったのでしょう。
印象派メンバーとつるんでいたが、展覧会を共にしていない事実。
一線引いていたハズ。

カテゴライズって難しいっすねぇ

ムンクは感情表現主義?よくわかんないデス。

No title

こんばんわ。

個人的に印象派は好きじゃない。
何でだかわからないけど(笑)

ムンクはどの派にも属さないって聞いたことがあります。
だから魅力的なんでしょうか・・・私には(爆)


来年もアートな話題楽しみにしています。

鈴木商店さんにとって来年が良い年でありますように…
非公開コメント
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

鈴木焦点

Author:鈴木焦点
身近な『面白』を探究。
兼マイブーム備忘録。

翻訳蒟蒻
English English得袋.com
ぼそり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。