スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムト

kimt
Der Kuss 接吻
クリムト
Gustav Klimt
1862-1918 オーストリア 象徴主義の画家。(他にルドン、モローなど)
ネコ好き。ハゲ&マッチョマン。

エロス ☆☆☆☆☆

芸術の国オーストリア出身。近代美術では外せない天才でしょう。
昨年郵便局に行ったらクリムトの絵が切手になってなした。
日本とオーストリア交流記念だったみたいです。買いませんでしたが。

金箔を使用した、俗にいうクリムト黄金時代の作品。
この「接吻」はあまりにも有名ですね。私にはオリジナルラブの「接吻kiss」のほうが有名ですが。
男性の角々しさ、女性の丸々さが着衣の模様にも象徴されてます。

このころの作品を見ると平坦な奥行きの無い絵ヅラで、顔や肉体だけリアル。なぜかそれで奥行きが生まれる。クリムト技法でしょうか。頭の中で3Dになっちゃう。

現代のアニメーション「モノノ怪」「地獄少女」などでも近い表現をしてますね。

ima-k433.jpg
Stoclet Fries ストックレー・フリーズ  ストックレ邸の内装画だそうです。

唐草模様にピラミッド壁画風の人物。丸三角四角で構成された人体表現。
好きなpopさです。いまでも最先端のpopです。なんかこんな感じのゲームあったような?思い出せませんが。


クリムト作品はこのサイトで網羅できます。
KLIMT.com

手っ取り早く作品をみるならyoutube。
クリムト
Gustav Klimt
Gustav Klimt その2


続きは...→
klimt052.jpg full_kuenstechor.jpg 812670_com_klimtbeeth.jpg 
Beethoven Fries べートーベン・フリーズ
この壁画はベートーベン第九を表現した組作品の一部です。ベー様、カッコいいっす。


klimt_danae01.jpg
Danae ダナエ 代表作ですね ギリシャ神話に出てくるダナエは、天界の種馬ゼウスとの間にペルセウスを産みました。きわどい描写です。ちょっと顔がマイケル入ってます。ポウっ  

klimt_fungfrau01.jpg
The Virgin 乙女(処女)
これは晩年の作品。金ぴか系からは脱却してます。この絵からは「女子大生のヤミナベ鍋」を感じます。怖いもん無しで、結局ぐだぐだで、何色にも染まるっていうか。モツ煮込み感がひしひしと。(悪意はありません)

klimt_serpents1[1]11 klimt_serpents2-1.jpg
Watersnakes I 水蛇?Watersnakes ? 水蛇?
これ好きです。タイトルからも保湿感というか、女性の両生類的?なエロティックさ、官能性を感じます。

204px-Gustav_Klimt_001.jpg
Adam und Eva
アダムとイヴです。
気のせいでしょうか。イヴつまりエヴァの顔が拘束具を外したエヴァの顔をしてる気がして止みません。
「エヴァンゲリオン初号機が目玉をギョロっとして碇シンジ君を見た時の目」をしてます。


klimt_hope1.jpgThe Hope I 妊婦ヌードの先駆けです。
klimt_hygeia.jpgHygieia (Detail from Medicine) まるでサイババ。
klimt_mermaids.jpgWater Sprites 椿鬼奴。
klimt023.jpgJudith I  SM◯P草◯剛か。 
klimt_judith2.jpgJudith II (Salome)  
klimt034.jpgPortrait of Emilie Flöge ジミヘンバンドの一員か、T-REXか。

  

klimt015.jpg
Pallas Athene パラスアテネ
Tボーン大佐。

klimt145.jpg
Mother with childrens 顔無しby千と千尋


klimt_tod01.jpg
Death and Life 生と死  ボブスレー状態。隣には死神。常に危険と隣り合わせ。

klimt_lebensalter01.jpg
The three ages of woman 人生の三段階

DVC00149.jpg
The large poplar II (Thunderstorm get up) 大きなポプラ2 (迫り来る嵐)
ヘビ花火と同じくらい、すっきりしないモヤモヤ感を感じます。恐怖。


畏怖を感じる作品が多い。勿論、官能の世界も特徴でしょう。
ただし、見方や解釈は自由ですから。

最後に、高倉健。byクリムトdraw078.jpg


スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

鈴木焦点

Author:鈴木焦点
身近な『面白』を探究。
兼マイブーム備忘録。

翻訳蒟蒻
English English得袋.com
ぼそり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。