スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイケン

スタイケンの写真展に行って来ました。古いVOGUE誌なども展示がありました。
人間を撮っておくことの素晴らしさを感じた展示会。

影の魅せ方がステキです。
モノクロームで表現するに、キモは濃淡。ピントとボケ。
人物の魅力、服飾の魅力を瞬間で切り取り表現するって、なかなか出来ないです。

個人的には絵画の展覧会のほうが好みですが、
写真って誰でも撮れる一方、誰でも芸術に昇華できるわけではない。
ライティング、構図、モデル、撮影者のハーモニー、バランスです。
それには技量と人脈、資金も関係するわけです。マスのココロを奪うための芸術。
表現者のマスターベーションではなく、マスを掌握し高次元で一歩先を行く落としどころで表現する。。。
ファッション写真、侮れず。

image.jpg
wiki

Edward Steichen 【えどわーど・すたいけん】1879-1973 アメリカ合衆国

写真家、画家、美術館のキュレイター。
ファッション写真家の草分。ヴォーグ」誌・「ヴァニティ・フェア」誌などで活躍。

Edward-Steichen-Self-Portrait-11.jpg
steichen_maypole.jpg

Evening-shoes-Edward-Steichen-520.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

鈴木焦点

Author:鈴木焦点
身近な『面白』を探究。
兼マイブーム備忘録。

翻訳蒟蒻
English English得袋.com
ぼそり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。