スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り子

ちょっと前、話題になりました。また見たくなったので。

「振り子」


続きを読む

スポンサーサイト

三つの力

生音を欲したのでこれ。

Di Meola, Mclaughlin, De Lucia

sgt.jpg

AL Di MEOLA 【ある でぃ めおら】
JOHN McLAUGHLIN 【じょん まくらふりん】
PACO De LUCIA【ぱこ で るしあ】


三人寄れば文殊の知恵、毛利三矢の教え、黒い三連星、など三つ集まれば…的な教えは多々ありますが、もともと独りでもスゴい方々が3人集まるとどうなるのでしょうか。
答えは、「理解できない」かな。スゴすぎて。
ロック/ジャズからマクラフリン、ジャズ/フュージョンからディメオラ、フラメンコからパコ。
本職の畑が異なるも「本物ギタリスト」が集まりアコースティックギターのみでセッションしちゃったという3人。のちに「スーパー・ギター・トリオ」と言う名でくくられたりします。当初はマクラフリン、パコ、ラリーコリエル(ジャズ/フュージョン畑)の3人でした。
それぞれ音に貪欲なんでしょう。融合とかジャンルレスな進化を肯定している方々なんだと思います。
伝統や定説に頑固に縛られていたらそんな異種格闘技できませんから。
そしてお互いにあいつらすげーと認めてたんでしょうね。

Spain - Al Di Meola, John McLaughlin, Paco De Lucia
PALENQUE
Mediterranian Sun Dance Live

続きを読む

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

マティ・クラーワイン

130252280403_bitches_brew_20080420083338.jpg
Miles Davis – Bitches Brew (1970)
Abdul Mati Klarwein
【あぶどぅる まてぃ くらーわいん】
ドイツ生まれ スペイン国籍 1932-2002没

マイルス・デイビスのアルバムジャケットで見たことある方が多いのではないでしょうか。
私はそうでした。アルバム「ライブ・エビル」が初めての出会い。
背伸びしてジャズ聴くべしと意気込んだ20代前半。
マイルスの豪華メンツに驚愕、それと同じくらい覚えているのはジャケットの絵!そんな強烈なジャケットでした。
かなーりスピリチュアル、サイケ、ムー的、宗教的な匂いがプンプカします。
同時にグラフィックアートというか、ソウルフルなブラックテイスト。
ウォールアート的な雄々しさも見受けられます。
正直言って誰の絵なのか知りませんでした。
昨晩気になって、ジャケの隅っこ見てたら、ABDUL MATI KLAだけ見えて調べた次第です。
あとからブックレット読んだら ABDUL MALLと誤表記…。ゆるい…。
こーいうのって調べると芋づる式に出る出る。。。
ジミヘン、サンタナ、アース、バーンスタイン、その他…。すげぇ人だったんすね。
ダリとも友達だし。シュールレアリスト。
それから見ると、確かにシュール君なダリ的エルンスト的、時にはシャガール的であったりします。
Mati Klarwein art.com Artwork Gallery

130252336005 2u0k
Miles Davis – Live/Evil (1971)
20090623_550578_t.jpg
Jimi Hendrix (ca. 1970)
ほか

続きを読む

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

鈴木焦点

Author:鈴木焦点
身近な『面白』を探究。
兼マイブーム備忘録。

翻訳蒟蒻
English English得袋.com
ぼそり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。