スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arnold Böcklin

アルノルト・ベックリーン
normal_025358.jpg
『死神のいる自画像』

Arnold Böcklin
【あるのると・べっくりーん】
(Arnold Böcklin, 1827 - 1901 スイス出身 イタリア ドイツで活躍
象徴主義、ドイツローマ派と言われている画家。

音楽と、アートと、って結びつけて考えることが多く、ベックリーンに興味が向いているので紹介。

ファンタジー野郎。上手くて暗くて神秘的。
ドイツで異様に人気があり、ヒトラーもベックリーンのファンだったとか。
ベックリーンも肺炎で死亡しています。私が興味を持ったアーティストは肺炎率が少し高いっす。


猛威を振るうペストを悪魔に具現化比喩。
さらにケンタウロスのガチ喧嘩ってスゴい。。。岩で撲&殺。

ベックリーンに影響を受けた その名もベックリーンというフォントも作成されています。
たしかにこんなフォント、RPGで見ますね。

arnold-bocklin.gif

どんな人物かウィキる
アルノルト・ベックリーン

作品をゆっくりチェック
The Arnold Böcklin Pages
http://www.arnoldbocklin.com/

youtubeで短時間トリップ。BGMもラフマニノフ「死の島」
Arnold Böcklin (1ª Parte)

Arnold Böcklin


Vestalin.jpg
『Vestalin』

normal_017898.jpg
『キリストの死を嘆くマグダラのマリア』

normal_017963.jpg
『ペスト』

normal_017912.jpg
『ケンタウロスの闘い』




代表作の「死の島」 ホントは 「静かな島」 というタイトルだったそうです。
「死の島」はあとから画商がつけた通り名だとか。。。 画像は「続きを見る」へ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

ソウル・バス

Saul Bass
saul_bass_trabajos.jpg

Saul Bass
【そうる・ばす】1920-1996 U.S.A.
グラフィックデザイナー。企業ロゴや映画タイトル作成、映画作家でもある。

マリオでもポンセでもナイジェル・マンセルでもありませんwソウル・バスです。

ここ最近、文字が活字であるというか、影響が強い。と感じています。

例えば昔のTV番組に比べ、最近のTVはテロップ多いですよね。
んでCMでもバシバシ画像として、アニメーションとして文字が活字となっている。
PCでもニコニコ動画の文字パワー、ハンパ無いですよね。

手紙や文書が電話に変わり、ケータイへの進化。
ネットインフラの拡充、PC、スマートフォン進化。
メール、ブログ、ツイートの浸透。
再度文字がコミニュケーションツールの中心になってます。
文字には価値とパワーが出始めています。

1950年代、ソウル・バスは文字を動画化しました(確実に元祖、オリジナルかどうかは別として)。
「キネティック・タイポグラフィ」簡単に言えば、すごく安直ですが、「動く文字」です。
これは現代の文字再燃化において知っておいて損はないので、クローズアップしました。

映画作家でもあったバスは「キネティック・タイポグラフィ」を映画イントロのクレジットで使用しました。

ちょっと脱線しますが動く文字と言えばマイクロソフトのオフィス、パワーポイント。
自身はあまり使いませんが、パワポの文字の出現、消失の動き方にはバスの影響があると感じています。

バスは映画のタイトルデザインにも絶大なセンスの良さを発揮しました。ポスターアートです。
さらには企業ロゴでも高い評価。文字、言葉を濃縮しカタチにするのがが巧みだったんでしょうか。
映画のイメージをタイトルデザインに落とし込む、共感できるカタチにするってすごいですね。
フォントもソウル・バス作成のパックマンフォントみたいな「レインボーバス」ってのがあるみたいです。
バスのタイトルデザインは今みてもオサレであり、これからも色褪せないでしょう。

ヒッチコックの「サイコ」シャワーシーンを作成したってことでも有名。
眼球をみてると渦巻いてきてズームイン、文字に切り替え…、ってのはバスがよくやるパターンですかね。

WIKIでみるソウル・バス

Saul Bass on the web
ここで代表作を拝めます。

YOUTUBEで。楽しめます必見です☆
It's a Mad Mad Mad Mad World - title sequence by Saul Bass
Saul Bass title sequence - The Man with the Golden Arm (1955)
Saul Bass title sequence - Anatomy of a murder (1959)
Saul Bass title sequence - Ocean's Eleven (1960)
Psycho 1960 Intro

情報が多いので画像は【続きを読む】へ


続きを読む

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

鈴木焦点

Author:鈴木焦点
身近な『面白』を探究。
兼マイブーム備忘録。

翻訳蒟蒻
English English得袋.com
ぼそり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。