スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタトニックス

Pentatonix【ぺんたとにっくす】

penta-1.jpg

オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/pentatonix/

あ・かペら de ハウス。
サマソニをwowowで見ていたら、ビヨンセをアレンジするクインテット発見。
男女とも至極イイ声で気になり検索。


なぬっダフトパンクを??ハマった。。。
綾波ばりの青髪がデジタルラヴを歌い上げてる!




TV企画勝ち抜き組なんね。
しかも審査員にベン.フォールズっ!
BOYSⅡMENのショーン曰く、「テクノアカペラDJ」との評価。

英男、殺、ラヂオ☆


骨、跳び、野生。

こういったステージング、立ち回りが格好良い。
踊り専門での表現より、歌いながらのムービングに惚れる。
よく「いつものラーメン〜」って替え歌しましたよね?この名曲。

調べ進めると小さいヴォーカルが時折発する、男性ハイトーンヴォイスが目に付きます。
ウケます。おねぇ的動き。性別を超越した何かを感じる。
フランクザッパのバンドにいそうな感じ。七色の声、感服。

誰もが使える「声」だからこそ良い声に惹かれるんすかね。
ペンタゴン、声もビジュアルも良いね。

スポンサーサイト

レオナール・フジタ

Léonard Foujita【れおなーる・ふじた】

藤田嗣治ふじたつぐはる 1886-1968
img_a1e20c7530840d59d106bf91dd40668e220775.jpg

wiki

おかっぱに ちょびひげはやし 丸めがね
坂本教授的な。フランスで最も有名な日本人画家。
ピカソ、モディリアーニ等の集まるフランスはモンパルナスで名を馳せた男。


義父がドライブで連れて行ってくれた秋田県立美術館。
常設している藤田嗣治≪秋田の行事≫を見ました。

秋田県立美術館サレオツで絶景なカフェ併設あり。

51525bbbb45d3.jpg
藤田嗣治≪秋田の行事≫
油彩 キャンパス 365.0×2050.0cm  作成年:1937年
大きさに圧倒されます。
この作品での人物は、全く素人考えですがエルグレコが描く人物ライクな、土気色(つちけいろ)マッチョな印象。間近で大きさに圧倒されるも、美術館の二階に座って見るのも一興。



51525c876cce8.jpg
藤田嗣治≪眠れる女≫
油彩 キャンパス 74.4×125.0cm  作成年:1931年

乳白色の肌。「フジタ肌」の絵画をみるとクリムトの描く女性との親和性も感じます。
猫好きってのも同じだな。

「…藤田は西洋と東洋の融合、なめらかな白い地塗りの上に細く繊細な墨線を駆使した裸婦や猫の独自の絵肌は、“グラン・フォン・ブラン”と賞賛され、パリ派を代表する画家として確かな評価を得た…」


続きを読む

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

スタイケン

スタイケンの写真展に行って来ました。古いVOGUE誌なども展示がありました。
人間を撮っておくことの素晴らしさを感じた展示会。

影の魅せ方がステキです。
モノクロームで表現するに、キモは濃淡。ピントとボケ。
人物の魅力、服飾の魅力を瞬間で切り取り表現するって、なかなか出来ないです。

個人的には絵画の展覧会のほうが好みですが、
写真って誰でも撮れる一方、誰でも芸術に昇華できるわけではない。
ライティング、構図、モデル、撮影者のハーモニー、バランスです。
それには技量と人脈、資金も関係するわけです。マスのココロを奪うための芸術。
表現者のマスターベーションではなく、マスを掌握し高次元で一歩先を行く落としどころで表現する。。。
ファッション写真、侮れず。

image.jpg
wiki

Edward Steichen 【えどわーど・すたいけん】1879-1973 アメリカ合衆国

写真家、画家、美術館のキュレイター。
ファッション写真家の草分。ヴォーグ」誌・「ヴァニティ・フェア」誌などで活躍。

Edward-Steichen-Self-Portrait-11.jpg
steichen_maypole.jpg

Evening-shoes-Edward-Steichen-520.jpg

続きを読む

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

ラファエロ

ラファエロってと、この天使
437px-RAFAEL_-_Madonna_Sixtina_(Gemäldegalerie_Alter_Meister,_Dresde,_1513-14._Óleo_sobre_lienzo,_265_x_196_cm)
「サン・シストの聖母」の一部

ラファエロ展にいってきました。@国立西洋美術館
355px-Sanzio_00.jpg
この自画像もラファエロ展でチェックできます。
wiki

Raffaello Sanzio(らふぁえろ・さんつぃお) 1483- 1520(生も没も4月6日) イタリア。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに、ルネサンスの三大巨匠と呼ばれる。
聖母子とキューピッドの画家ってイメージです。
三大巨匠のなかで一番若く、短命。


容姿端麗、皆を愛し皆に愛された画家。特に女性が大好きで沢山の関係を持ち、
度を過ぎた愛の行為による高熱で、愛に満ちたまま37歳で他界。
そんなエピソードを持つ愛の画家が、500年の時を経て初来日ってことで行って来ました。


目玉はやはり「大公の聖母」。
周囲の黒い部分は、実は後世に手を加えられたもの。
本来は背景が書かれていた事が、X線解析で判明したそうです。最新技術はスゴいですね。


raph47[1]
『大公の聖母』1505
私的極端なイメージですが、大公の聖母だけに留まらず、ラファエロの聖母は眉無し、おちょぼ口、下を見がち。それが何やらただならぬ慈しみ感を表現しているのでしょうね。

525px-Lvr-george.jpg
『聖ゲオルギウスと竜』1504
挿絵っぽいですね。

08ezekie.jpg
『エキゼエルの幻視』1518
本展覧会中では派手目路線。わっしょい感が好き。

続きを読む

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

ボブ・ロス

ボブ・ロス

bob_ross12-hp.jpg
Bob Ross【ぼぶ・ろす】
誰でも簡単に風景画を描けると錯覚させてくれる、最高のエンターテイメントペインター。
通称ボブロス画法を駆使、TV放送の30分間という短時間で驚きの作品を完成させ、視聴者を釘付けにした。

wiki

ナイフ、2インチのハケ、扇形の筆使いは必見。

その昔、ボブの絵画教室なるBS放送が楽しみで仕方なかった。日本語吹き替えも軽快でユルく、センスが良かった。アフロでヒゲでシャツ腕まくり、誉めて伸ばす指導スタイル。擬音交じりの解説。時々飼いリスが登場し動物ファン層もガッチリ確保。

自身絵画への興味はここから。当時は録画してまで見てました。


動画にて
ザ・ジョイ・オブ・ペインティング
pandora
niko

続きを読む

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

鈴木焦点

Author:鈴木焦点
身近な『面白』を探究。
兼マイブーム備忘録。

翻訳蒟蒻
English English得袋.com
ぼそり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。